診療内容
泌尿器科のご紹介
内科のご紹介

息が苦しい 鼻水 くしゃみ せき
気管支炎

気管支炎とは、気管支に炎症を起こした状態のことをいいます。
息を吐く時に「ゼーゼー」、「ヒューヒュー」という呼吸音がしたり、呼吸が困難になるのが特徴です。 初期の段階では鼻汁やくしゃみなどが起き、場合によっては熱がでることもあるため、風邪と判断してしまうことがあります。症状が進むと、多呼吸や激しい咳を伴う呼吸困難が起こってきます。

急性気管支炎と慢性気管支炎

気管支炎には急性と慢性のものがあります。
急性は炎症全般を指し、慢性の場合は咳や痰が2年以上続き、年に3ヶ月以上継続する場合を指します。いずれも気管支炎は冬に多く見られる症状で、放置しておくと重症化することもありますので、早めにご相談下さい。

風邪と気管支炎の違い

風邪の治りかけている様な状態で、いつまでも咳だけが出る場合、急性気管支炎かもしれません。 風邪と気管支炎の違いは、ウイルスや細菌がつく場所の違いのみです。そのため、気管支炎は風邪よりも悪いといったことはありません。

気になる気管支炎のチェック!下記の項目で「はい」が4つ以上ある場合、気管支炎の疑いがあります。一度クリニックまでご相談ください。

のどが痛む はい いいえ
空咳が出る はい いいえ
咳が徐々にひどくなってきた はい いいえ
痰が出る はい いいえ
黄色い膿のような痰が出る はい いいえ
熱がある はい いいえ
咳をすると胸の奥が痛くなる はい いいえ

お子さんに起こりやすい喘息性気管支炎

喘息性気管支炎は、お子さんに多くみられる症状です。
風邪をひくと必ず咳だけがいつまでも長引き、発熱もなく日常の生活に異常は無いのに咳だけが長く出るため、心配される方が多いようです。 この風邪の後に咳だけが長引く状態を喘息性気管支炎といいます。

どうしても痰を上手にきれずに咳が出てしまう事が多く、発熱やひどい咳、また嘔吐がある場合はご相談ください。

場合によっては喘息性気管支炎から喘息になってしまう方もいらっしゃいますので、余りに咳が止まらない場合は医師の診断を受けることをお勧めします。

受診の流れ

来院前

健康保険証をお持ちの方は、診察券・お薬手帳をご用意ください。また、HPから問診票をDLしてお待ちいただけます。

受付

診察券をお出しください。初診の方は健康保険証も合わせてご提示ください。スタッフが問診票をお渡しいたしますので、本日の受診内容をお書きください。 

問診

問診票へご記入後、スタッフが問診室にてお悩みの症状をお伺いします。医師に話しにくい事がございましたらスタッフにお話しください。

診察

医師による診察・聴診を行います。
問診時スタッフに話しにくい事がございましたら医師に直接お話しください。※診察と検査は前後する場合がございます。

検査

必要な場合は胸のレントゲン検査を行います。
※診察と検査は前後する場合がございます。

お会計

診察料のお会計を行います。
お薬がある場合は処方箋をお渡しいたしますので、薬局でお薬をお受け取りください。